[ 刃物 | 線香 | 注染和晒 | 昆布 | 自転車 | 敷物 ]

北の幸・昆布は、海路、堺へ渡り、熟練の職人の手によって加工された。

コンブロードと堺の昆布
堺に昆布加工業が発達したのは、北海道でとれた昆布の運搬ルートとかかわりが深いといわれています。

この「コンブロード」といわれたルートは、波がおだやかな日本海沿岸によって、北海道から、敦賀、小浜さらには下関を経由して、大阪、堺に船で運搬した航路のことです。

もともとは、敦賀、小浜に入港し、陸路で大津を経て、淀川を下って大阪に運ばれていましたが、江戸時代の中頃(17世紀)には、大阪、堺までの航路が開かれ、堺港に大量の昆布が陸揚げされるようになりました。

この時期に、堺の昆布加工業も本格的に発達したといわれています。

特に、大正から昭和のはじめにかけてピークになり、約150軒の昆布加工業者が集まった一大産地となりました。

堺の昆布は、「とろろ」と「おぼろ」の加工が中心で、とろろ昆布は機械生産されますが、おぼろ昆布は高品質を保つために、熟練した職人によって手づくりで加工されています。

昆布の種類と特長
[真こんぶ]
色は褐色。肉は厚く幅が広い。上品な風味でこんぶの最高級品。 

[利尻こんぶ]
色は黒褐色。真こんぶに比べてやや固め。透明で風味のよい出し汁がとれる。

[羅臼こんぶ]
色は茶褐色。だしをとるとにごるが香りがよく、こくのあるだしが出る。

[三石こんぶ・日高こんぶ]
色は緑に黒みをおびた色。煮えやすく柔らかいので、こんぶ巻きなどの煮こんぶに利用される。

[長こんぶ]
色は灰色をおびた黒色。6~15mと長いのが特色。生産量が最も多い。

[厚葉こんぶ]
色は黒色。切口は白い色で、甘味が少なく、にが味と、とろろ分がある。

[細目こんぶ]
色は黒色。切口は白い色で、甘味はすぐになくなる。

このページのいちばん上へ


堺の特産品ネット商店街「イーモール堺」

優れた技術で生み出された堺の伝統産品など、魅力いっぱいの逸品を手軽にお取り寄せできます。

伝統産品ギフトカタログ「伝統と匠のふるさと堺」

「刃物」「敷物」「注染和晒」「線香」「昆布」「和菓子」「自転車」など堺の伝統産品のなかから厳選した88品目を掲載。 本カタログにて購入していただけるほか、掲載商品の一部は当会館でもご購入いただけます。 大切な方への贈り物として、自分へのご褒美として、是非ご利用ください。

【カタログ配布先】
堺市役所市政情報センター(高層館)、各区役所市政情報コーナー、観光案内所、各市立図書館、堺伝統産業会館、堺市産業振興センターなど
←PDF形式のギフトカタログをご覧になるためには、Adobe Reader(旧:Adobe Acrobat Reader)が必要です。
パソコンにインストールされていない方は左のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。