[ 刃物 | 線香 | 注染和晒 | 昆布 | 自転車 | 敷物 ]

堺刃物の歴史は、遥か古代に遡り、江戸時代のタバコ包丁によって名声を高めた。

タバコ包丁と堺刃物
堺市には、百舌鳥古墳群に代表されるように、数多くの御陵・古墳があり5世紀には、この古墳群をつくるための道具を製造する人々が集団をつくり、鍛冶技術が発展する基礎ができたといわれています。

特に、16世紀にポルトガルよりタバコが伝わり、国内でタバコの葉が栽培されるようになると、タバコの葉を刻む「タバコ包丁」が大量に必要となり、堺で初めて、タバコ包丁がつくられるようになりました。この堺製のタバコ包丁は、輸入品のタバコ包丁より切れ味が優れていたため、江戸時代には、幕府に「堺極」というこ極印を入れて売ることを認められ、全国に名を馳せました。

このように、堺刃物のルーツは「タバコ包丁」であり、産業としての発展の基礎もこの時期に確立しました。

なお、昭和57年(1982年)3月には、昔からの優れた伝統技術を受け継ぐ「堺打刃物」が、通商産業大臣(現経済産業大臣)より「伝統的工芸品」に指定されており、特に職人用の包丁のほとんどが堺製といわれていrます。

また、平成19年(2007年)10月には、「堺刃物」と「堺打刃物」が地域団体商標に登録されました。

このページのいちばん上へ


堺の特産品ネット商店街「イーモール堺」

優れた技術で生み出された堺の伝統産品など、魅力いっぱいの逸品を手軽にお取り寄せできます。

伝統産品ギフトカタログ「伝統と匠のふるさと堺」

「刃物」「敷物」「注染和晒」「線香」「昆布」「和菓子」「自転車」など堺の伝統産品のなかから厳選した88品目を掲載。 本カタログにて購入していただけるほか、掲載商品の一部は当会館でもご購入いただけます。 大切な方への贈り物として、自分へのご褒美として、是非ご利用ください。

【カタログ配布先】
堺市役所市政情報センター(高層館)、各区役所市政情報コーナー、観光案内所、各市立図書館、堺伝統産業会館、堺市産業振興センターなど
←PDF形式のギフトカタログをご覧になるためには、Adobe Reader(旧:Adobe Acrobat Reader)が必要です。
パソコンにインストールされていない方は左のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。