【祝】浪華本染め(注染)が国の伝統的工芸品に指定されました!

肌寒い季節となってきましたが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

今回お伝えするのは、堺の伝統産業である注染・和晒が
令和元年11月20日、「浪華本染め」として国の伝統的工芸品に指定されました!!
堺の伝統産業では、堺打刃物に続いて2件目となります。

  

伝統的工芸品として指定されるには5つの用件、
①日用品であること
②手工業的であること
③伝統的な(100年以上)技術・技法であること
④伝統的に使用された原材料であること
⑤一定の地域で産地形成がなされていること)を満たすこと  が必要です。

 

堺伝統産業会館でも、より一層魅力発信できるよう努力していきますので
これからも堺打刃物、注染・和晒のほか、堺の伝統産業の応援をよろしくお願いいたします。